Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/shiso29kozu/kotori-tabicafe.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/parts/display_category.php on line 64

Warning: asort() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shiso29kozu/kotori-tabicafe.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/parts/display_category.php on line 24

岩手・盛岡 週末旅行も叶うお財布に優しい観光スポット巡り

盛岡 南昌荘縁側1

岩手県は北海道に次ぐ広大な広さを誇る県です。
その豊かな自然に恵まれた岩手には温泉やグルメ
一度は観たい絶景の宝庫でもあり、満足度の高い
感動の旅行になるという事で人気の観光地です。

そんな岩手県の県庁所在地である「盛岡市」には
明治時代から受け継がれている歴史的建造物が多
く存在しているレトロな街です。盛岡の城下町の
落ち着いた佇まいの風景は旅行者を魅了させます

今回は、限られた観光日数でも気軽に観光できる
盛岡駅周辺の大人女子旅に嬉しいインパクトのあ
「蔵カフェ」やインスタ映えスポットを紹介し
たいと思います。

  • 週末旅行モデルコース
  • 盛岡駅周辺観光スポット

(お財布に優しい観光)

  • 盛岡の個性的なカフェ
  • 宿泊温泉リゾートレビュー
  • 旅レポ動画

岩手県盛岡旅行の週末旅行モデルコース

盛岡 冷麺

今回忙しい大人女子でも十分楽しむことができる
ように1泊2日のプチ旅のモデルコースを紹介し
たいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね
※私が観光したスケジュールになりますので色々
 組み合わせてみてください。

盛岡1日目

  1. 南昌荘
  2. 開運橋
  3. 盛岡グルメ昼食
  4. シャトルバスで移動
  5. 雫石プリンスホテル到着
  6. 星空鑑賞・温泉でリラックス

盛岡2日目

  1. シャトルバスで盛岡駅
  2. 旧岩手銀行・本店
  3. 石川啄木・宮沢賢治青春館
  4. 盛岡個性的カフェで休憩
  5. 盛岡駅にてお土産買い物

盛岡は新幹線がベスト! 11月でも真冬の服装で旅行しよう

盛岡駅

東京から盛岡に行くには、やはり新幹線がとても
便利です。早い新幹線に乗車できれば2時間半程度
で到着します。そして盛岡駅周辺のみ観光する方
はレンタカーも不要で路線バスが充実しています。

秋冬の場合は寒さも厳しくなる

私が行った11月中旬には気温が盛岡市内の日中
の最高気温で3℃程度でした。そこに強風が吹い
たり、夜間の時間ともなれば更に気温が低くなり
ますので、路線バスが厳しい場合にはタクシーや
レンタカーでの移動をおすすめします。
※厚手の洋服にしましょう。

盛岡駅周辺のお財布に優しい観光スポット

盛岡城

盛岡駅周辺には女子がときめくインスタ映えする
観光スポットが点在しています。
実際に私の方でも観光して良かった観光スポット
を体験レポも含めて紹介したいと思います。

1番のおすすめ!レトロな建物がインスタ映え南昌荘

南昌荘 AC

南昌荘は盛岡駅からバスで10分の場所でアクセス
も良く女子旅に人気のあるインスタ映えスポット
です。レトロな建物と庭園は実業家である「瀬川
安五郎」が明治18年頃に邸宅として建てられた
130年もの前の昔の豪邸です。昔ながらの屋敷
をそのまま国の保存建造物として大切に保管され
ている内装を200円という安さで見学すること
ができます。

盛岡旅レポ紅葉南昌荘入り口は紅葉絨毯

南昌荘の広い敷地の中でも縁側から望む風景には
華麗な庭園が広がり、四季折々美しい草花を鑑賞
をすることができます。

古い建物の中で観る様々な季節の風景は日頃の忙
しさを忘れてゆったりといつまでも眺めていられ
る光景です。

 

盛岡 南昌荘縁側2

庭園には、自由に出ることができます。
晩秋の時期に訪れた私の目に映った風景には木が
風に吹かれて揺れる度に落ち葉もヒラヒラと1枚
そしてまた1枚と落ちていく様子がちょっぴり、
切なくもあり美しくも感じました。玄関前には赤
色・黄色に色づいた落ち葉で一面、紅葉絨毯のよ
うになっており、とても感動しました。

盛岡 南昌荘床

プロカメラマンも撮影スポットここ
南昌荘の人気写真スポットはこちら
床一面が広いレトロなお部屋です。撮影のポイント床に寝そべって下から全体を全て
移すように撮影しましょう!
屋敷の天井から庭園まで広範囲を
撮影することができます。
冬場は床が冷たいので少々辛抱ですね。
南昌荘
住所
盛岡市清水町13−46
問合せ先
019-604-6633
開館時間
夏期 10時〜17時
(4月1日〜11月30日)
冬期 10時〜16時
(12月1日〜16時)
費用
大人 200円
※youtubeでは300円
とナレーション
してしまいました、、、、、

岩手山を背景に素敵な写真が撮れる「開運橋」

盛岡 開運橋から見える岩手山

開運橋は盛岡駅の目の前にある、とてもアクセス
の良い橋です。そのネーミングからも漂う運気が
上がりそうな橋には実は別名「二度泣き橋」とも
呼ばれています。

盛岡に住んだ方が盛岡の暖かい人柄の良さに居心
地良さを感じてしまい、故郷へ帰りたくなくなる
ということで付けられたそうですよ!

盛岡 開運橋

橋から見ると北上川と岩手山が見えます

この橋を渡ると盛岡一番賑わっている繁華街に繋
がる橋になる橋になります。お酒を飲まれる方に
とっては橋を渡った向こう側の方へ宿泊されると
便利だと思います。
イルミネーションの季節には更に運気の上がりそ
うなパワーアップした綺麗な橋に変身します。
10分毎に様々な色に変化するので見応え抜群です

開運橋
盛岡駅から直線距離で317m
徒歩圏内

東京駅にそっくりさん!? 岩手銀行赤レンガ館

盛岡 旧岩手銀行1

ここは!!東京駅???

岩手銀行赤レンガ館は「旧盛岡銀行の本店」とし
て明治44年に開業された銀行ですが現在は残念
ながら営業していません。
館内の見学は有料で観光することができ、銀行の
見学をするという珍しい体験はとても素晴らしい
体験となります。そして見学料金は大人300円
とってもリーズナブルな料金です。

 

盛岡 旧岩手銀行2

外から眺めて写真を撮るとこんなイメージ

東京駅を設計した有名建築家だけあり、東京駅に
そっくりなわけですよね。しかし、もしも東京駅
全体を写真に移すには至難の技とも言える撮影
なりますが、岩手銀行赤レンガ館であれば一緒に
カメラのフレームに写し出すことができますね。
そして外観を観るだけでしたら無料観光です。

撮影ポイント

道路を渡った向かい側で撮影
通行車がいなくなった瞬間が
シャッターチャンスですよ!

岩手銀行赤レンガ館
正式名称
重要文化財「旧盛岡銀行 旧本店本館」
所在地
岩手県盛岡市中ノ橋遠り一丁目2番20号
問合せ
019-622-1236
開館時間
10時〜17時
(最終16時30分まで受付)
休館日
火曜・年末年始
その他点検日など不定期で有り
利用料金
大人300円

レトロな洋館が乙女チックな「啄木・宮沢賢治青春館」

盛岡 宮沢賢治青春館1

インスタ映えカフェも併設している洋館

歌人の石川啄木と詩人であり数多くの名作を世に
出した童話作家でもある宮沢賢治が青春時代に
10年間もの時を過ごした岩手県の盛岡市。

この「もりおか啄木・賢治青春館」には文学者と
して名を残した様々な資料などを見学や女子旅で
嬉しいグッズの購入をすることができます。
おしゃれな洋館の内装にはとてもレトロな雰囲気
と素敵なインテリアが可愛らしいですよ!

もりおか啄木・賢治青春館
所在地
岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目1−2−5
問合せ
019-604-8900
開館時間
10時〜18時
最終17時30分
喫茶ラストオーダー
17時
休館日
第二火曜日
※祝日の場合は翌日
年末年始
入館料
無料

私がおすすめしたい盛岡の個性的なお洒落カフェ3選

盛岡おすすめカフェ

盛岡市内には歴史を感じる街ということもあり特
徴的なカフェを旅の観光スポットにする点も盛岡
旅行の魅力の一つにもなります。

盛岡には他には存在しないような一風変わったオ
シャレなカフェが多く今回はその中でも人気の
「レトロカフェ」「蔵カフェ」「隠れ家カフェ」
この人気3つのカフェを紹介したいと思います。

その中の一つ「レトロカフェ」については私の方
で実際行ってきました!!!

もりおか啄木・宮沢賢治青春館喫茶あこがれ

盛岡 カフェ喫茶あこがれ

先に紹介した啄木・賢治青春館の館内に併設され
ている洋館の中にあるレトロで可愛いカフェです
暖炉や蓄音器と呼ばれる昔ながらのインテリアと
モダンな雰囲気の中でいただくカフェ時間はとて
も優雅なひとときを過ごすことができます。

私が注文したメニューは昔ながらのかすていら

カステラと昔ながらのお菓子、お店おすすめの
コーヒーを注文しました。「かすていら」なんて
昔は呼ばれていたのでしょうね。

喫茶あこがれ詳細確認はこちらから

もりおか啄木・宮沢賢治青春館 喫茶あこがれはカフェと併設されている青春館を見学することができます レトロな家具に囲まれ文学に包まれるような癒しのカフェ時間を過ごすことができます

啄木・賢治喫茶あこがれアクセスルート

見つけたらラッキー隠れ家カフェ「ふくさか」

外観一面を草で覆われている大人の隠れ家カフェ「ふくさか」はどこか非日常的な気分になれます

ふくさか

あの東京駅そっくりさんの旧岩手銀行本店の近く
に流れる川沿いに緑に覆われている外観が印象的
な「カフェふくさか」は、きっと探すことが難し
いほど「これがカフェなのか!」と思うような
外観です。

見つけたらちょっと嬉しい気分になります。
そして、こじんまりとした空間から川沿いを眺め
てスローな時間を過ごしてみましょう。
きっと隠れ家カフェを独占した気分になります。

ふくさかの詳細確認はこちらから

外観一面を草で覆われている大人の隠れ家カフェ「ふくさか」はどこか非日常的な気分になれます

喫茶ふくさか車でアクセスルート

珍しい蔵カフェがとっても大人気の「茶廊車門」

蔵を改装した外観とクラシカルな内装のレトロでカフェ好きには立ち寄りたい茶郎車門

茶廊車門

茶廊車門は創業1953年の歴史のある蔵を改造して
できたレトロな「蔵カフェ」です。
外観は一見、男勝りな印象で寿司屋のように見え
たのは私だけでしょうか?笑

しかし、その外観とは想像も付かないようなクラ
シカルな内装とインスタ映えするカフェメニュー
にはギャップが有り大人気のカフェです。営業時
間も11時から20時と長い時間営業しているので
カフェ利用以外でもランチやディナーにも幅広く
利用してみてください。

茶廊車門の詳細確認はこちらから

茶廊車門へ車でアクセスルート

宿泊したホテル 「雫石プリンスホテル」宿泊レポ

盛岡 雫石プリンスホテル

11月下旬に撮影 凍結しています

岩手県には何度も足を運んでおり特に盛岡駅周辺
のホテルばかり宿泊していたので今回は盛岡から
少々離れたところにある「雫石」という街まで足
を伸ばして温泉リゾートを楽しんできました。

魅力1 マウンテンビューの絶景のお部屋

雫石プリンスホテルのロケーションはの岩手山を
目の前にして高台に建っている自然豊かな温泉リ
ゾートという非日常的な景色を楽しめます。

お部屋の種類は様々有りますが、特におすすめの
お部屋は一面マウンテンviewの大パノラマを望む
ことができるお部屋です。
ちなみに、私もこのお部屋を選びました。



魅力2 冬の雪見露天風呂が美しい



画面タップで詳細ページへ

源泉かけ流しの露天風呂からは雪景色が四季折々
うっとりする様な景色を観ることができます。
温泉は「雫石高倉温泉」で疲労回復などの浴用効
能があるお湯に浸かり日頃の疲れを癒してくれま
す。特に雫石プリンスホテルの温泉は冬の夜間の
露天風呂には、粉雪がキラキラと光り輝いて見え
る雪見露天風呂が絶景です。

私の方では、晩秋の11月中旬に行きましたが雪が
積もっていたので冷えた身体の芯から温まること
ができました。

朝風呂は鯉が見れる

鯉が泳いでいる池とも繋がっているので朝風呂も
最高の景色になります。

魅力3 銀河ロープーウェイで銀河鉄道の世界観


画面タップで詳細ページへ

雫石プリンスホテルには目の前がスキー場になっ
ているので季節毎に様々なアクティビティが多数
あります。その中でも標高730mの空の旅へ
「雫石銀河ロープーウェイ」で旅ができるアクテ
ィビティがおすすめです。普段観ることのできな
い満天の星空が今にも手に届きそうでロマンチッ
ク溢れるツアーです。
※2020年時点ではGOTOトラベル地域共通クーポ
ン利用可能

その他のアクティビティも素敵
小岩井農場
紅葉ロープーウェイ
雫石ゴルフ場
星空スタンド(人数限定)
季節や天候により変更があるので
宿泊先に問合せしてくださいね。

雫石プリンスホテル予約はこちら

360℃大自然のパノラマが広がる温泉とアクティビティが楽しめる温泉リゾートステイにぴったりの雫石プリンスホテル

盛岡周辺にある女子旅に最高の
遠野・花巻・平泉エリアも素敵!↓合わせて読みたいたい記事↓
【岩手県遠野】まんが日本昔ばなしの世界に浸かる大人女子スロー旅


盛岡1泊2日旅レポ動画

週末旅行などのショートトリップでも行ける盛岡
の動画になります。動画の中には記事にある観光
スポットや宿泊したホテルの様子を解説付きで紹
介しています。実際に動画をご覧になっていただ
き岩手の旅行のイメージをしてみてくださいね。

まとめ

盛岡は大人女子を魅了するレトロな国の建造物が
多数点在しているので観光にも向いている旅先で
すが盛岡を拠点に温泉やカフェ巡りをする癒され
旅をするにも良い街ですね。

レトロな洋館や珍しいカフェの宝庫でもある盛岡
では、これまで体験したことのない空間の中で過
ごし想像以上に充実する旅となるでしょう。

どの季節でも美しい景色ですが、特に秋・冬の盛
岡は寒さは厳しくなりますが雪景色の中でいただ
く郷土料理がより一層心温まる味となります。

ぜひ、盛岡周辺でお財布に優しく充実旅をしてみ
てください。きっと開運橋を渡って帰る頃には
「二度泣き橋」の意味も分かるほど帰りたくなく
なるかもしれません、、、。

にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村