Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/shiso29kozu/kotori-tabicafe.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/parts/display_category.php on line 64

Warning: asort() expects parameter 1 to be array, null given in /home/shiso29kozu/kotori-tabicafe.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/parts/display_category.php on line 24

【島根の穴場】自然の宝石箱の絶景!世界も認めた隠岐諸島ロマンス旅

隠岐島 国立海岸の夕日

島根といえば「出雲大社」が有名な観光地ですが
「隠岐諸島」も素敵な観光地ということをご存知
でしょうか?隠岐島は美しい写真が撮れる観光
スポットがあることから特に写真が好きな女性に
おすすめの観光地です。

「隠岐の国」と呼ばれるこの地域は数々のロマン
チックな伝説や自然が織りなす絶景が魅力的!
きっと訪れる人を悠久の世界へと誘うでしょう。

今回はそんな隠岐諸島についてのお話とお勧め
写真スポットを紹介します。島根を訪れる予定
がある写真好きの大人女子は
ぜひ参考にして
みてくださいね。

隠岐諸島(おきしょとう)はどんなところ?

隠岐島 断崖絶壁
隠岐諸島は島根半島の北方約40㎞〜80㎞に位置
する群島です。島前(どうぜん)島後(どうご)
の二手に大きく分けられていますが小さな島を
合わせるとおおよそ180の島によって成り立っ
ています。

4つの有人の島になっており、観光スポットや
見所は各島それぞれ存在します。旅行中は
島から島へ船で移動する事が多く、日本にいる
のに海外気分で非日常を味わえることも魅力の
部分になります。

2013年には日本で数少ない
ユネスコ世界ジオパーク認定
世界も認めるこの隠岐諸島の
大自然の絶景写真をたくさん
撮りましょう。

隠岐4つの島について

隠岐諸島 放牧
各4島を巡る前にそれぞれのハイライトを事前に
チェックして見ましょう!

島前3島

海に浮かぶカルデラの絶景
日本海に浮かぶ宝島と呼ばれる島で絶景です。

・西ノ島 (にしのしま)
赤ハゲ山からは遠く島根半島や大山が見えます。
・中ノ島 (なかのしま)
女神がお産した場所という明屋海岸には
ハートの岩を観ることができます。
・知夫里島 (ちぶりしま)
断崖絶壁と洞窟が続く「国賀海岸」が有名
スポットになります。

島後1島 

大陸のカケラの島でみられる長い時間の流れ
・隠岐の島町(おきのしまちょう)
樹齢おおよそ2000年とも言われている
八百杉などの木そのものが、ご神体として
祀られている非常にパワーと歴史を感じる
スポットになります。
↓詳細はこちら↓
隠岐4島について

隠岐諸島アクセス

隠岐島 高速船
隠岐島へのアクセス方法としては、まず飛行機で
行く方は「隠岐空港」を目指します。
隠岐空港は出雲空港から30分で行くか、大阪伊丹
空港から約1時間かけて行くと良いでしょう。

※出雲空港 → プロペラ機で30分
※大阪伊丹空港 → 隠岐空港 1時間

飛行機ではなく高速船で行く場合は、本土から
「西郷港」という隠岐島の港まで1時間弱で
着きます。
↓アクセス詳細はこちら↓
隠岐観光公式 アクセス

島巡りに必要な情報
・島での宿泊先について
隠岐諸島宿泊参考サイト
・どこを観光するのか?
モデルコース参考サイト
・移動手段について
レンタカーなど
・ガイドや現地ツアー
現地ツアー費用面参考サイト
※2020年7月現在はGoTo
 トラベル対応しています

隠岐島の伝説について

隠岐島 ハート岩写真:隠岐島 ハート岩 島前
(写真スポットにおすすめです)

4つ島のうちの一つに「西ノ島」という島が
あります。この島には昔から「航海安全の
守護神」として「焼火神社」があります。

名前の由来は「知夫里島」という島と「西ノ島」
の間の海上から3つの火の玉が浮かび上がると
いう不思議な現象が起きて、その後菩薩の形を
した岩に入り込みそこが社殿になったとされて
います。

さらに時は流れ、13世紀に「後鳥羽上皇」が海で
遭難した時に、同じような火の玉が沖まで誘導
してくれ、助かったという伝説があることから
「航海安全の守護神」と呼ばれるようになった
そうです。

<スポンサーリンク>


島前・島後 隠岐4島巡り写真スポット

隠岐諸島 絶景

隠岐島について勉強したところで。次は実際に
おすすめ写真スポットをご紹介します。

島前

普段観ることができない断崖絶壁やまるで
ヨーロッパの田舎町のように大草原に放牧
されている黒い牛や馬の景色が目に飛び
込んできます。

クリスタルブルーの海と夕日と断崖絶壁の
3セットが揃っています。

島後

歴史深いロマンチックな景色と絶景の数々が
あり、150㎞という1島大きな島になる
ことから写真スポットの宝庫です。

そんな驚きの日本にいながら海外旅行気分の
絶景秘境旅を味わうことができる写真スポットを
紹介しますね。

↓スポット詳細はこちら↓
ジオパークマップ

入れたら幸運!青の洞窟(島前)

隠岐島 青の洞窟

本場のイタリアにも負けない日本版の
「青の洞窟」は、海次第で入れたら幸運です。
遊覧船のコースにもあるようですが
3回に1回しか入れないという運次第の洞窟。

この神秘的な絶景を観ることができれば
きっと、人生観も変わりそうですね。
祈りましょう。

油井前の洲(ゆいまえのす)日本のユウニ塩湖(島後)

油井前の洲出典:隠岐諸島観光協会

油井前の洲は、非常に広い波食棚を形成して
います。歴史はかなり深く、日本海が湖で
あった約2千年前の地層からなっている
いうから驚きです。

おすすめ観光シーズンとしては、冬の時期で
冬場は
海面低下時にこの地層が浮き出たように
姿を現します。
夏場は沈んでいて見えないので、行くのであれば
必ず冬場を選びましょう。

ベスト写真時期チェック
・冬の海面低下の時期
・夕暮れか明け方の時間帯カメラを持っていなくても安心
Tavishot【旅行カメラレンタル】

そしてさらに美しい写真を撮りたいのであれば
夕暮れ時か朝方の太陽が登る時を選びましょう。
油井前の洲と太陽が非常に神秘的な絶景になり
美しい写真を残すことができるでしょう。

夕日が灯るローソク島(島後)

隠岐島 ローソク島夕日
ローソク島は「島後」と呼ばれる、隠岐で一番
大きな島の人気ナンバー1の観光スポットです。

ローソク島といっても巨大な奇岩なので、遊覧船
から見ることしかできませんが、夕暮れ時に
訪れると
ローソク島がローソクになり夕日で炎を
灯している
ように見えます。

天候にもよって見れない時もありますが、非常に
美しく写真にも綺麗に撮れることからおすすめ
観光スポットです。

隠岐島 ローソク島
ちなみに綺麗に見える時期は
4月下旬(18:30~)から6月上旬(19:10~)の時期と
お盆の(18:40~)から10月下旬(17:30~)の時期
かなり事細かくなっていますので注意して
下さい。

まるでヨーロッパの草原 西ノ島(島前)

隠岐島 西ノ島 馬
先ほどのローソク島に訪れる前に、西ノ島町で
大自然を満喫するのがおすすめです。

そして絶景とは少し違いますが、個人的にお勧め
なのが「ねずみ男岩」です。名前の通りあの
「ねずみ男」にそっくりな岩で、ある意味
写真映えすること間違いなしです。

なんとなくですが、その隣にいるのは
「ぬりかべ」なのでは?と思ってしまうほど
そっくりなので、ぜひ足を運んでみて下さい。

玉若酢命神社(たまわかすみことじんじゃ)島後

隠岐島 玉若酢命神社

モデルコースの人気観光スポットとして選ばれる
この神社は隠岐国の神社の中で最も古くからある
造営は寛政5年(1793年)という由緒ある
神社になります。

寛政5年という想像もつかない時代からある
この歴史深い神社でぜひ、願い事の一つでも
お祈りしてみてみましょう。

八百杉 島後

隠岐島 八百杉
樹齢2000年近い年寄りのこの逞しい
生命力を感じる隠岐3大杉の一つとして
観光には外せない傑作のパワースポットです。

見事な大木はそうそう観ることができません。
ぜひ、カメラを構えてスタンバイして
くださいね。

壇鏡の滝 島後

隠岐島 壇鏡の滝
壇鏡の滝水は日本の秘境100選にも選ばれる
とても貴重な観光スポットです。
最も魅力ポイントとなるところがこの滝を
観るまでに通る鳥居を潜ると、そこは
まるで「となりのトトロ」の世界に入った
ようなひんやりとしたマイナスイオンたっぷりの
ドラマチックな場所になります。
カメラはバンバン撮ってくださいね!

隠岐島 壇鏡の滝※かなりの水しぶきが飛びますので
 カメラ撮影時には防水加工が必要です

那久岬 島後

隠岐島 那久岬
岬に立つと、そこには
島前を一望できる絶景の景色が広がります。
航海の安全を守る灯台である、この那久岬
には絶景の夕日を鑑賞できる人気観光
スポットになり、写真映え間違いなしです。

手を広げて耳を澄ますと、潮風の音と
美しく木が揺れる音まで聞こえてくる
五感を刺激する絶好のスポットですね。

水若酢神社 島後

隠岐島 水若酢神社
映画「渾身KON-SHIN]の舞台ロケにもなった
全国最古の神社の最上格として記される
水若酢神社は国指定貴重文化財です。

西郷港より車で25分ほどの位置に
ありますので、サイクリングでは辛いので
ガイド(現地ツアー)観光タクシー、または
レンタカーを利用して観光しましょう。

写真映えする福浦トンネル(島後)

隠岐島 福浦トンネル
福浦トンネルは、明治時代に手堀で掘った
トンネルとして有名なトンネルです。

シャッタースポットとしておすすめなのは、
入り口付近で地質学的にも貴重な「黒曜石」の
断崖が見られる場所です。

車の通行ができないほど小さなトンネルですが、
自然といい具合に調和しているのでぜひ訪れて
みて下さい。

まとめ

隠岐諸島には、歴史とロマンティックな伝説も
大人女子が旅行先として選ぶには旅をより一層
豊かなものにしてくれる素敵な場所でしたね。

また見所以外にも、写真映えするおすすめ観光
スポットがたくさんあります。島根といえば
まだまだ出雲大社というイメージが強いので
たまには、日常離れをした旅をしたい方にも
おすすめですよ。

ぜひ自然豊かな隠岐島の絶景を写真に収めて
旅を楽しんで見てはいかがでしょうか?



にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村